低たんぱく食 宅配 ckd

腎臓の機能が弱っているときは低たんぱく食

発生させた毒素は腎臓によって濾過されるのですが、腎臓の機能が弱っていると評価が大変になります。

 

それで仕事量を減らすために低たんぱく質の食事を心がけるのです。

 

低たんぱく食宅配!慢性腎臓病CKDの食事療法

 

良質なタンパク質を摂るたんぱく質は肉や魚などの動物製品だけでなくたん水化物や豆類などにも含まれています。

 

同じタンパク質でも入っているアミノ酸が異なります。

 

肉や卵魚に含まれているタンパク質は完全なタンパク質で良質なたんぱく質です。
しかしと植物性のタンパク質はアミノ酸スコアが低いため体になりにくい傾向があります。

 

動物性たんぱく質を取る

それでは限られたタンパク質の中でなるべく良いタンパク質をとることが必要です。

 

つまりご飯やお菓子などの食品からタンパク質を取るのではなく
肉や魚や牛乳からタンパク質を摂るようにするのです。
タンパク質を減らすコツ腎臓病で食べてはいけない食品はありません。

 

タンパク質を減らすことで家族と同じものを食べることができます。

 

まず治療用の食品を利用します。

 

低タンパク米を使うことで主食に含まれるたんぱく質の量減らすことができて、動物性食品からタンパク質をとることができるようになります。

 

次に少ないタンパク質をたくさん食べたように思うための方法です。

 

例えば肉や魚などを単体で食べるのではなく他の食品と混ぜて料理すると量が増えます。

 

例えば野菜炒め
卵とじ
豆腐を使った料理など
このような料理ではタンパク質が少ないながらもたくさんあるように見えることができます。

 

カレーライスやピラフなどもいいですね。

 

そして朝昼晩のトルカのうち1つはおかずが少なくても食べられるような献立を作ります。
例えばチャーハンとスープや野菜うどんなどのような食材です。

 

肉類を少なくすることで家族と同じものが食べられます。
低たんぱく食宅配!慢性腎臓病CKDの食事療法

 

その人に必要なカロリーをしっかりとることタンパク質を制限すると肉や魚の量が減ります。
そうすると不足してしまいがちなのがカロリーです。

 

カロリーを取ること

カロリーを減らすとどうなってしまうかというと体に蓄えられていた
脂肪やたんぱく質がエネルギーとなって使われてしまいます。

 

そうすると筋肉が減って体が弱りかからない病気にかかってしまった気力がなくなってきます。

 

そうならないためにエネルギーを糖質と脂質からしっかり取る必要があります。

 

例えばタンパク質を30グラムにするとカロリーが1300キロカロリーているになってしまいます。

 

たんぱく質が体の中でエネルギー源として使われるようになると
タンパク質が分解されて毒素要素の男が増えてきます。

 

そうするとタンパク質をたくさんとっている状態と同じ事になって食事療法の意味がありません。

 

エネルギーを多く取るコツには糖質と脂質をかけをすることがあります。

 

肉や魚を食べる時はたんぱく質が少なくて脂肪が多いものを選ぶようにします。
砂糖多めに使ってでんぷん製品、春雨なくずきりなどを多く使うようにします。

 

揚げ物や炒め物には多く油を使います。

 

低たんぱく食の宅配

お菓子も頭にとってタンパク質が少ないものをたくさんとるようにします。

 

塩分制限塩分制限はナトリウム制限とも言われます。
塩分は1日6gから7gに制限されます。

 

しかし2gから3グラムの極端な原因は食欲を失わせてしまうので注意します。

 

これは主治医と相談して決めるようにしましょう。
薄味で美味しく食べるコツは高血圧の食事療法を見るとよくわかります。

 

例えばだしを使ったり酸味を使うことで塩分の少ないことをカバーすることができます。

 

食事療法挫折しないためには食事療法が挫折してしまい続かないと人工透析が必要になるかもしれません。