このページでは良質のたんぱく質をたくさん含んでいる鶏肉を使ったメニューを3つ紹介したいと思います。

鳥ひき肉の磯辺焼き

まず一番目は鳥ひき肉の磯辺焼きです。

そのまま使うとパサパサとしていて少し高齢者にとっては食べにくいものですが、ひき肉を使って卵や小麦粉のつなぎを入れることで柔らかくして食べやすくすることができます。

素材の中には野菜を含んでいて野菜の栄養素をとることもできます。

栄養素カロリー140キロカロリー
たんぱく質15g
塩分1グラム

必要な素材
とりひき肉60g
生姜醤油
とりたまご

人参
生椎茸
長ネギ
ごぼう
青のり
調味料としてサラダ油・醤油・砂糖みりん酒

作り方

まず人参長ネギ椎茸を小さい大きさに切ってごぼうは皮を皮を落として水気を切ります。

ボールにとりひき肉を入れて生姜醤油卵などを入れます。
そしてフードプロセッサーにかけてよく混ぜます。
フードプロセッサーでかき混ぜたものをフライパンで熱して小判場に行きます。
焼くときは中火で23分焼いて焼き目がついたら裏返してもう一度に3分焼きます。

竹串に刺して汁気がなくなるまでしっかりと火を通します。
大根おろしを作って今作った磯辺焼きにかける形で器に盛り付けます。

鶏肉のスフレ

鳥肉のスフレは柔らかさがレベル4から5でとても柔らかい食事でペースト状です。
ペースト食になります。

蒸した料理は辛くて水分を多くお年寄りでも食べやすいものです。
人参のペーストを使うことで彩りも良くしています。

もっと柔らかくしたい場合は牛乳や水を加えて柔らかくします。

カロリー150kcal
たんぱく質15g
塩分1g

必要な素材
鳥ひき肉60g
牛乳30cc
人参
生クリーム

塩・増粘多糖類

作り方

まず鳥ひき肉牛乳たまごや塩などをフードプロセッサーで撹拌します。
それをスフレをカップに入れて蒸し器で10分程度にします。

取り出したらお皿に乗せて裏ごしてある人参を加えて増粘剤を入れた人参を乗せます。

もっと柔らかくしたい場合は裏ごし人参にゲル化剤1%を入れて作ります。

肉とホタテのテリーヌ

硬さを調節することで柔らかさを調節できます。

テリーヌはもともと柔らかくて普通の人でも食べやすいものです。

高齢者様に少し水分を多く作ることで柔らかく食べやすくなります。

見た目が綺麗なので食欲がわきます。

作り方簡単ですので、家族も一緒に食べると良いでしょう。

栄養素250キロカロリー
タンパク質20グラム
塩分1.5g

必要な材料
白ワイン
生クリーム
ホタテの貝柱

豚ももひき肉
玉ねぎ
サラダ油
生クリーム
白ワイン
胡椒ゼラチンケチャップなど

作り方

まず貝柱を白ワインで蒸して柔らかくします。

そしてクレソンはみじん切りにします。

貝柱とクレソンと白ワインのフードプロセッサーにかけて生クリームを入れて柔らかくします。

そしてゼラチンを分量の水で溶かして今作った貝柱のペーストに加えます。
そして油を塗った型に入れて冷蔵庫で固めます。

豚ももひき肉とみじん切りした玉ねぎをフードプロセッサーにかけて味付けます。
ゼラチンを加えて固めます。

固まったら器に盛り付けて増粘剤を入れたソースを加えます。

もっと柔らかくしたい場合はソースにゲル化剤1%を入れます。