大豆はタンパク質はたくさん入っていて食物繊維や脂質もしっかりとれる高栄養の食品です。

豆腐の様な加工食品は高齢者でも食べやすく、柔らかく色々な料理にすることができます。

カレー豆腐

淡白な豆腐にカレー風味の味をつけたカレー豆腐です。
食欲が無い方でも美味しく食べられる逸品です。

栄養素
234キロカロリー
たんぱく質15g
塩分1.0g

材料
絹ごし豆腐100g
豚モモひき肉25g
玉ねぎ30g
トマト20g

調味料
カレー粉
小麦粉
サラダ油
など

作り方

まず豆腐の水を切って1.5cm角に切ります。
玉ねぎやにんにくはみじん切りにして卵は黄身と白身をそれぞれ別にして裏ごしをします。

トマトは湯むきして金を取ってあられ切りにします。

鍋に油を熱して玉ねぎとニンニクをよく炒めてひき肉を最後に炒めてカレー粉と胡椒牛乳を入れて煮込みます。

15分煮込んだら豆腐を入れてさらに5分煮込みます。
味を整えて最後に黄身と白身の裏ごしを載せます。

炒り豆腐

豆腐と卵の栄養素をたっぷり使った高齢者に馴染みの深いお料理です。

栄養素
150kcal
たんぱく質10g
塩分1.0g

材料
絹ごし豆腐60g
卵40g
玉ねぎ20g
人参
グリンピース
サラダ油
砂糖
醤油
だし汁

作り方

まず豆腐を崩してネットに入れてさっと煮たてます。
付近をした猿に豆腐起こして水分を取ります。

そして人参と玉ねぎを細かくみじん切りにしてグリンピースは薄皮を取り除いて裏ごしします。

鍋に油を熱して人参と玉ねぎを入れてしんなりしてきたら豆腐を入れます。
汁気がなくなるまで炒めて最後に卵を加えてグリンピースを装います。

酢の物

ごまと酢の味を使った食欲がない高齢者でも食べやすい食事です。

栄養素
80キロカロリー
たんぱく質6g
塩分1g

必要な素材
絹ごし豆腐60g
エビ10g
きゅうり20g

練りごま
だし汁など

作り方

まず豆腐を熱湯に入れて23分茹でます。
そして布巾を敷いてその中で絞ります。

最初の重さの60%ぐらいになるまでしっかりと絞ります。
そしてエビはゆでて殻を取ってすり鉢で小さく刻みます。

きゅうりはみじん切り皮を取って小さく切ります。

まず和え衣を作ってすり鉢に練りごま醤油などを入れてよく混ぜて、その中に豆腐を入れて海老蔵給料会えます。

おろし納豆

納豆は栄養価が高く大根おろしを超えるとネバネバ感が少なくなって食べやすくなります。

栄養素
90キロカロリー
たんぱく質7g
塩分1g

必要な素材
ひきわり納豆40g
大根20g
醤油
増粘剤
青のりなど

作り方

まずひきわり納豆すり鉢で小さくします。

そして大根おろしは水を切っておきます。
大根おろしと納豆を混ぜて醤油で味をつけます。
とろみは高齢者の状況に合わせて増粘剤を使います。

飛龍頭みそあん

自家製の飛竜頭を使った新鮮な油で揚げたみそあんに七味唐辛子を加えて味にメリハリをつけます。

栄養素
269キロカロリー
たんぱく質14グラム
塩分1.5g

必要な材料
木綿豆腐100g
山芋20g
魚のすり身30g
枝豆
人参
片栗粉・揚げ油・味噌・七味唐辛子など

作り方

まず豆腐をまな板に乗せて軽く水気を切ります。
そして布巾で包んで元々の重さの8割ぐらいを削ります。

人参はみじん切りにして茹でます。
枝豆の茹でてさやを取って薄皮を取り除いてみじん切りにします。

すり鉢で豆腐とすりおろした山芋魚のすり身を混ぜて人参さやえんどうなどを入れます。
そして手で形を整えてあげ油であげます。

最後にあんを作ってかけます。
木の芽を飾り付けます。

ざくろ豆腐

ざくろの形に作り上げた蒸し物は彩りも綺麗で食欲がわきます。

栄養素
120キロカロリー
たんぱく質11グラム
塩分1g

材料
木綿豆腐100g
芝海老
インゲン
片栗粉・塩・醤油・みりんなど

作り方

豆腐は軽くおもしをして水気を切ります。

エビは殻と内臓を取り除いてみじん切りにします。
銀杏は茹でて薄皮を取り細かく刻みます。

すり鉢に豆腐と塩酒などを入れてよく混ぜ合わせます。
湯のみ茶碗などにラップを敷いてその中に先ほどすりつぶした豆腐を入れて乗せます。

四方からラップを巻いてゴムで縛って蒸気の上がった蒸し器で蒸します。

5-6分たったら取り出して冷めるまでラップをはがしません。
付け合わせのサヤエンドウ筋を取って茹でます。

あんを作って片栗粉でとろみをつけて最後に蒸した豆腐とさやえんどうを飾ってあんをかけます。