介護食を作る時には固い肉や野菜を柔らかくする必要がありますが、そのためには調理道具ミキサーなどをうまくして作っていく必要があります。

包丁

まず包丁は下ごしらえするために欠かせないものです。
筋を切ったり千切りにしたりみじん切りにしたりと何かと一番使う調理道具です。

すりこぎやすり鉢

すりこぎやすり鉢を使うのも古典的な方法です。
肉やお豆を潰したりおろしたりするのに使います。

肉たたき

肉の厚さを同じぐらいにして火の通りを良くしたり肉の繊維を柔らかくするのに使うのが肉たたきです。金属製の道具です。

マッシャー

マッシャーは芋豆などを均一に柔らかく潰すのに使う道具です。
暖かいうちにマッシュすると柔らかく潰れやすいです。

フードプロセッサー

ソフト食作りに欠かせないといえるフードプロセッサーは素材を下ごしらえするのに使えます。
刃を替えることですりおろしたり混ぜたり切ったり降りたりなど色々な調理をすることができます。
ペースト状の食事やすり身を作るときにも重宝です。

ハンドミキサー

ハンドミキサーは電動の泡立て器で1食分を作るのが簡単です。
速度を変えたり用途に合わせて柔らかさを調節することができます。
カットの中に入れて一人分だけ撹拌するのに最適です。

裏ごし器

裏ごし器は材料を潰して製品を取り除く時に使います。
目の粗さが様々あり柔らかさの必要性に応じで目の粗さを変えていきます。

ラップフィルム
うまく使うと介護食を作りやすくなります。
ラップやフィルムは使い捨てで衛生的でソーセージを作ったり君津市を高めたりするときに使えます。

例えばソーセージを作ってお湯で茹でると柔らかく作ることができます。

蒸し器
蒸し器は茶碗蒸しなどを作る時に多く使う機械ですが、煮たり焼いたり炒めたりの中でも一番柔らかく食事を作ることができる調理方法で積極的に使いたいものです。

流し缶
流し館はモールドとも呼ばれていて人参果物野菜などの型抜き桜の形が作られています。

その中にミキサーで撹拌したペーストなどを入れて冷蔵庫で固めます。

介護食器

介護食器は脳卒中などで後遺症がある方が食べやすいようにしているフォークやナイフなどです。
握りやすいように工夫されています。