おやつは栄養補給水分を補給するためにも重要なデザートで、食事よりも喜んで食べてくれる方も多いものです。

このページではカスタードクリーム・濃厚流動食ゼリー・ハーブゼリー・いちごムースなどを紹介します。

カスタードクリーム

少しの量でもたんぱく質をとることができエネルギーを補います。

必要な材料
卵黄
バニラエッセンス
砂糖
牛乳60g
生クリーム5g
コーンスターチ

作り方
まず卵黄ほぐして砂糖牛乳を入れて腰ます。
そして鍋に火を入れ木べらでかき混ぜます。

とろみがついたらバニラエッセンスを加えて生クリームを加えて器に盛り付けます。

飲み込みにくい方はゲル剤を入れます。

濃厚流動食ゼリー

濃厚流動食を食べやすくゼリーに仕立てます。

栄養が低下してきたら濃厚流動食を使ってゼリーを作ってみましょう。

材料
濃厚流動食100g
生クリーム10cc
ゼラチン

作り方
まず濃厚流動食改めて砂糖とクリームを加えてゼラチンを加えて固めます。

杏仁豆腐イチゴソースがけ

つるっとした喉越しきれいな彩りで喜ばれるデザートです。
イチゴ以外の果物を使うこともできます。

材料
牛乳70g
いちご30g
寒天

作り方
まず牛乳と砂糖を鍋で加熱し寒天を入れてに溶かします。
そしてアーモンドエッセンスを加えて冷まします。

イチゴは裏ごしした後砂糖を加えて混ぜます。
寒天固まったらイチゴソースをかけます。

アイソトニックペパーミントゼリー

食欲不良で演技が難しい方が水分をたくさん取るために向いている食事です。

アイソトニックというのはスポーツドリンクのことでペパーミントを加えるとほのかな香りになります。

スポーツ飲料100cc
砂糖
ペパーミント
ゼラチン

作り方
まずゼラチンを5分から10分程度水につけます。
そしてスポーツドリンクを曜日にかけてゼラチンを加えて砂糖を加えます。

そして流し缶に入れて冷まして固めます。
固まったらフォークでくらいで食べやすくします。

ハーブティーゼリー

ハーブティーゼリーはハーブの香りが良いゼリーです。

色々なハーブがあるのでお年寄りの好みに合わせてハーブを調合するといいでしょう。

材料
ハイビスカスティー90cc
ゼラチン
砂糖

作り方
まずゼラチンを溶かしてハイビスカスティーを温めてゼラチンを加えます。
そして砂糖を入れます。

冷ましてカップに入れて冷やして固めます。

ヨーグルトフルーツシェイク

ヨーグルトはビフィズス菌が入っていて整腸作用があり、便秘がちなお年寄りに積極的に食べてもらいたい食品です。

材料
バナナ50g
ヨーグルト50g
牛乳80g
生クリーム10g

作り方
まずバナナをミキサーにかけてなめらかになるまで撹拌します。
最後にとろみをつけます。

ブラマンジェあんずソース

牛乳が苦手な方でも割と抵抗なく食べることができ、あんずソースの代わりにイチゴソースオレンジなどを使うこともできます。

材料
牛乳90cc
あんず缶の汁
砂糖

作り方
まずゼラチンを溶かして牛乳を温めて砂糖を加えて煮立てます。

その後ゼラチンを加えて、氷水を入れてボールを当ててへらで混ぜながら少しずつとろみがついてきたら生クリーム、アーモンドエッセンスを入れてガラスのコップに入れて冷やして最後にハンズソースをかけます。

イチゴムース

ビタミンcがたっぷり入っているイチゴソースを使って彩りの良いおやつを作りましょう。

必要な材料
いちご60g
砂糖12g
生クリーム15g
卵白10g

作り方
まずゼラチンと水を10分ほどとかします。

いちご裏ごしした後、弱火にかけてを60度に温まったら砂糖とゼラチンを加えて火からおろしていちご加えてこします。

そして氷水を当てたボールに入れてへらでかき混ぜながらさまし、粘り気がついたら生クリームと砂糖を入れて混ぜます。