穀類を使った炭水化物の多いメインディッシュになるおかゆ、握り寿司、すいとん、雑煮など色々な豆腐肉類肴類などを加えることで栄養が多くなります。

とろろがゆ

大和芋はすりおろすと滑らかになって喉越しが良くなります。
消化吸収もよく胃腸が悪い形でも食べられます。

栄養素
230キロカロリー
たんぱく質6g
塩分1g
全粥220g
大和芋50g
だし汁・薄口醤油・うずらの卵1個

作り方
まず山芋皮をむいてすりおろしてだし汁で薄く伸ばします。
そして全粥を器に盛ってその上に山芋のだし醤油がけをかけます。

最後に奈良のうずら卵をのせて青のりを加えます。

すいとん

すいとんは白玉粉を使って喉越し良く作ります。
卵を加えると栄養価も高く噛み切りやすくなります。

栄養素
200キロカロリー
たんぱく質11g
塩分1.5g

必要な材料
小麦粉20g
白玉粉10g
卵30g
毬麩14個

だし汁
醤油アサツキなど

作り方

まずすいとんのメインとなる白玉を作ります。
小麦粉と白玉粉水を加えて耳たぶくらいの固さになります。

そしてお湯を沸かしてすいとんのもとになる白玉を茹でます。
吹いてきたら水にとって救います。

次に卵は用具して塩を入れて熱湯に入れて茹でます。
それを皿の上に布巾を広げてそこに流し込み帽の形に整えてまきすでまきます。

冷めたら1センチぐらいに切ります。
器に白玉と卵と生麩をのせて汁を注いで、あさつきの小口切りを散らします。

そばがき

そば粉は血圧を低下させる効果、便を柔らかくする食物繊維をたくさん含んでいて水分を増やすと柔らかく食べやすくできます。

高齢者の状態に合わせて水分量を調節しましょう。

栄養素
70kcal
タンパク質3グラム
塩分1g

必要な材料
そば粉15g水100ccあさつき大根20g
だし汁50cc使用

作り方

醤油みりんなど作り方まずそば粉に水を入れて火にかけます。
木のヘラでに立てながらねっとりするまで練ります。

大根をすりおろして水気を軽くといます。
そして塩醤油だし汁などに立つて水溶き片栗粉でとろみをつけます。

器に練った蕎麦を加えて大根おろしを上に乗せて最後にだし汁をかけます。