ソフト食の作り方とレシピ 高齢者飲み込みやすい食事

高齢者のソフト食

最近主流になってきているムース食などを含めて、食べやすい食事がソフト食です。
ソフト食は食材を固めるスベラカーゼイナアガーなどを使って作ります。

 

スベラカーゼを使ったソフト食の作り方
  1. 食事をスベラカーゼと一緒に合わせてミキサーで撹拌します。
  2. イナアガーの量に対し8倍の水で溶かします。
  3. 攪拌しながら温めてそして、最後冷蔵庫で冷やします。

 

スベラカーゼとは
スベラカーゼは粘り気粘度をつける粉で酵素でできています。
配合されている内容はゲル化剤やトレハロースなど祝えるゼリーの素です。

 

なっているゼリーの素で、寒天やゲル化剤、増粘多糖類やブドウ糖などでできています。自宅にスベラカーゼやイナアガーがない場合は片栗粉でゼラチンでも代用できます。

 

ソフト食作りの食材選びのポイント

以下に食ソフト食を作る上で、食材をどうやって選んだらいいかポイントを紹介します。

 

ソフト食は噛む力や飲み込む力が衰えた方にとって、飲み込みやすい食事
野菜を選ぶときはなるべく繊維が少ないものを選びます。
肉や魚は脂肪がたくさん入っている赤みではない肉を使います。
高齢者が肥満していれば話は別ですが、ソフト食や介護食などを使う高齢者はだいたいが栄養が取れなくなっていることが多いものですので、多少脂質が多くても問題はありません。

 

食べやすさをアップさせるコツ

油を使って文と食べやすさを良くする
料理に油やバターなどの優勝を使うと飲み込みがしやすくなります。
そして良い香りや味がついて食べ食べたいという気持ちも強くなります。

 

例えばオリーブオイルやバターごま油香りのする油を使うと食欲がそそられます。

 

これらを使うのが難しい場合はマヨネーズなどを使って油を加えるのもいいでしょう。

 

 

つなぎをうまく活用する

口の中でバラバラになってしまうもの固くて刻まないといけないものはつなぎを使ってくっつけて食べやすくする必要があります。

 

ソフト食は一旦バラバラにした食材をとろみ剤で固めて作ります。
つなぎに使えるのは例えば卵や片栗粉、油、玉ねぎなどです。

 

卵は栄養が取れて固めて食べやすくなりますので積極的に活用していきたいものです。
特に卵白は味がなく臭いもなく、素材の素の味が損なわれにくいので積極的に使っていきたいですね。

 

ソフト食を作る上でのポイント

蒸したりとろみをつけたりして調理方法を工夫する
調理方法を変更するだけで
飲み込みにくい高齢者でも食べやすくすることができます。

 

食品を蒸す

食品を蒸すと柔らかくなります。
蒸すと食品に水がつく月赤くなり食べやすくなります。
飲み込みにくい高齢者には積極的に支えたい調理方法です。

 

茹でたりして栄養が損なわれることもなくそして、硬い食品を蒸した後に焼いたり上げたりすれば柔らかくなって一石二鳥です。

 

とろみをつける

汁物や水類などのサラサラとしたものは飲み込みにくい高齢者にとって危険です。

 

それで水気が多いものはとろみをつけて、あんをかけたり滑りやすくするなどして工夫します。

 

ゼラチンを活用する
ゼラチンはお菓子を作るときによく使う固める粉ですが、これを利用して飲み込みやすい食事を作ることができます。

 

寒天や葛粉などのと違ってバラバラになったり粘ったりしないので、飲み込みやすく温度管理が難しいというデメリットがありますが、うまく活用すれば間違いなく食べやすくなります。

 

 

魚を食べやすく調理するには

魚を食べやすく調理する方法のポイントはなぜ食材選びです。
まず白身のパサパサの魚は使わないようにして油っけが多い魚を使うようにします。

 

例えばさんまやイワシサバなどは脂質が多くてカロリーも取れて飲み込みやすいです。

 

避けるべき魚はマグロやカツオなどの赤みが多いパサパサとした魚で
このような魚は加熱するだけでカチカチに固まってしまい
口の中でもボロボロになるのでとても食べにくいです。

 

高齢者が刺身を安全に食べる方法ですが刺身にするときは筋を切るように繊維と直角に包丁を入れるようにします。

 

この場合もやはりパサパサとした魚は避けて油が多い魚を使うようにしましょう。パソコン落とした魚は下げてブラックが多いものを使うようにしましょう。

 

魚料理のポイントをまとめ

  • 油の多い魚を選ぶ
  • 骨をなるべく取って出す
  • 青魚はパサつきやすいのでつみれなどにして使う
  • 刺身は繊維を断つ

 

肉料理のコツ肉を柔らかく調理するには

ご存知のように肉は加熱するとカチカチになってしまいます。
肉には鶏肉のむね肉や豚肉のロースなど硬さや脂肪の量など、様々なものがありますが、やはり高齢者にとって食べやすいのは脂質が多い実の部分です。

 

赤身の多い細切れなどはとても食べにくいです。
使いたい部位はひき肉やひき肉しゃぶしゃぶ用の肉など
油っけが適度にあって食べやすいものです。

 

筋を切ったり叩いて肉質を柔らかくしたりすることで食べやすくなりますし、蒸した後に薬という手間をかければさらに柔らかく出来上がります。

 

ひき肉は柔らかく食べやすい肉ですが、口の中でバラバラになりやすいのでソフト食では卵などのつなぎを使って柔らかくまとまりを良くして使います。

 

 

肉料理の作り方のポイントのまとめ

  • 脂肪が多くて柔らかい部分を使う
  • もともと固い肉は叩いたり切ったりするなどしてやらかくする
  • 蒸すなどして柔らかく料理する
  • ひき肉はつなぎを使ってボロボロにならないようにする

 

野菜料理のソフト食作りでのポイント

野菜は肉や魚と違ってカロリーが少なくかさばるので、ソフト食でなかなか使いづらい食品ですがやはり、栄養素が含まれていて食べないといけません。

 

そこでソフト食でも取り込みやすいような野菜料理の作り方を紹介します。

 

野菜料理のポイント

  1. 切り方を工夫して飲み込みやすくする
  2. 口に繊維が残りやすいものは皮を剥くなどする
  3. 固い野菜は柔らかく煮込む・圧力がまだどう活用する

 

以上で肉や魚野菜などのムース食・ソフト食での作り方のポイントを紹介しました。

 

ソフト食は高齢者が食べやすい食事ですが作るのに手間がとてもかかります。

 

蒸した後に焼かないといけなかったり、料理を作った上でとろみをつけないといけなかったり、普通の食事を作るより2倍程度の時間がかかってしまいます。

 

忙しい時にソフト食が簡単に食べられる通販サービスがあったら便利ですね。
そこで最後にソフト食の通販サービスを紹介したいと思います。

 

こちらのサイトでソフト食の通販サービスが紹介されています。
自宅で介護食を使ってみたいという方はぜひチェックしてみてください