マルハニチロ 介護食 レトルト 冷凍

マルハニチロのレトルト・冷凍・介護食「メディケア食品」

マルハニチロは高齢者が食べやすい食事を販売しているメーカーです。

 

マルハニチロのレトルト・冷凍・介護食「メディケア食品」

 

2020年には高齢者の割合が30%になるなど高齢化が進みます。
その時に飲み込みにくい歯がなくて食べにくいという方が増えていきます。

 

そんな方のために食べやすい食事、ユニバーサルデザインフードUDF、様々なお食事を作っています。
マルハニチロは病院で食べる食事はもちろんのこと、在宅介護で使える食事も販売しています。

 

ユニバーサルデザインフードは日常の食事から介護食まで柔らかさが4種類用意されていて、利用者が分かりやすいように4種類の区分があります。

 

口から食べられることは生活の質を上げることにもなり、食べやすさおいしさは高齢者の楽しみになります。
どんな食事を用意しているのか見ていきましょう。

 

マルハニチロのレトルト介護食

マルハニチロのレトルト・冷凍・介護食「メディケア食品」

 

マルハニチロのレトルト介護食はおかずや麺料理、ご飯など様々なおかずを作っています。

 

例えばおかずではエネルギーが取れる肉じゃが、和風だしで素材の旨みを引き出している具沢山の肉じゃが、中鎖脂肪酸をたっぷり取れて身体に良い献立です。

 

カロリーは150kcal塩分は1.7g、タンパク質は少なめですが脂質が11g取ることができます。
生産している工場は日本です。

 

それ以外に豆腐と卵のあんかけ、中華五目あんかけなどのおかずを用意しています。

 

麺やごはんの料理

麺やごはんやどの料理も用意されています。

 

カレーうどんはたまねぎや人参、鶏肉などの具材そして脂質を配合している食品でカロリーが146キロカロリーとれます。

 

塩分は1.8gに制限したん水化物が14g程度取れます。
国内で生産されています。

 

牛肉おじや
牛肉を使ったおじやも販売しています。

 

牛蒡や椎茸など野菜をたっぷりと使っていて、牛肉を入れていて中鎖脂肪酸を配合されていてしっかりとnaが取ることができます。

 

160kcalで塩分は1.3g日本で生産されています。

 

マルハニチロの冷凍食品

 

マルハニチロは冷凍食品の介護食も用意しています。

 

電子レンジで温めるが流水で解凍するかどちらかで食べられて、和食・洋食・中華の様々なメニューが用意されています。

 

おかずのメニュー

  • ホウレンソウとゴマのゼリー
  • 人参の和風甘辛煮
  • れんこんの和風甘辛煮
  • かぼちゃと小豆のいとこ煮
  • さつまいもの甘露煮
  • 里芋のムース煮物

など柔らかさに応じて様々なメニューがあります。

 

魚や肉が使われているものでは

  • ポークムースカツ和風また
  • 鮭のクリーム煮ムース食
  • チキンの和風照り焼きムース食
  • 赤魚の煮付けムース食

 

素材冷凍食品

マルハニチロのレトルト・冷凍・介護食「メディケア食品」

 

最後が素材冷凍食品です。

 

素材冷凍食品というのはにんじんや魚肉などを柔らかく作っていて料理に使えるようになっているものです。

 

舌でつぶせるシリーズではあじやほっけ、白身魚などの魚そしてビーフ、溶けない氷、溶けないニンジンなどの具があります。

 

これを料理として加工することができます。

 

素材でソフト
マルハニチロのレトルト・冷凍・介護食「メディケア食品」

 

見た目が本物そっくりの鯖、肉など素材でソフトは見た目が本物そっくりの鯖や鯵といったお魚、みんなの献立では柔らかい肉じゃが、柔らかいきんぴらごぼう、柔らかいひじきの煮物、柔らかいさわらの塩焼きなどのメニューが用意されています。

 

介護食作りは大変ですのでこの様な介護食支援サービスを使うのも一つの手だと思います。