刻み食 作り方とレシピ 高齢者の食事

刻み食とは

 

刻み食は歯の力が弱くなった人でも食べられるように食品を小さく刻んでいる食事です。
1センチ四方や5ミリ四方の食べる人の食べやすさに応じて刻みます。

 

刻み食の作り方とレシピ−高齢者の食事

 

刻むだけではだめ
しかし刻むだけで食べやすくなることではありません。
刻んでしまうとポロポロとして、逆に食べにくくなってしまうことがあります。

 

それできざみ食をする時は刻んだ上で、少しとろみをつけるなど口の中でまとまりやすくなるように、工夫する必要があります。

 

刻み食を作る時の工夫

刻み食は料理を刻んでしまいますから色が混ざってしまいます。
ですので最初の料理の色を出せるように、色ごとに食材をわけて刻むようにします。

 

そうすると煮物や煮込み料理など、元の料理の色が分かって食欲がわきます。

 

きざみ食のデメリット

刻み食には歯が弱くても食べやすいというメリットがありますが、実はデメリットもあります。
それは誤嚥してしまいやすいこと、誤嚥というのは食べ物を間違って肺の中に入れてしまうことです。

 

誤嚥は肺炎などを引き起こす高齢者にとって危険な状態です。
そこできざみ食に代わって登場しているのはソフト食です。

 

ソフト食は柔らかく作って行って食塊を形成しやすく誤嚥しにくくなっています。

 

現在主流になっているムース食もその一つで、見た目と飲み込みやすの両方を両立した食事です。

 

刻み食が向いている方

  • 噛む力が弱っている方
  • 入れ歯が合わないくて入れ歯ができない方
  • 口を開けるのに障害がある方

 

刻み食が向いていない方

  • 唾液が少なく飲み込みにくい方
  • 入れ歯を使っている方

 

刻み食の作り方

刻み食の作り方のポイントは、先ほどにもあげたように食材をその人に合わせて小さく切ること、そしてとろみや水気などを
加えて口の中でバラバラにならないように工夫すること、
そしていう事に食材を分けて食べたくなるような料理にすること、
この3点を守れは刻み食は活用することができます。

 

刻み食は自宅で簡単に作れるか

刻み食は自宅で簡単に作れるのでしょうか。
残念ながらきざみ食はなかなか作るのが難しいです。まず料理ごとに1つ1つ以上分けて刻まないといけませんし、とろみをつける工程や水を加える工程などが必要です。
そしてまな板を清潔にしておかないと、刻んだ食品にばい菌が混ざって病気になってしまいますので、
まな板の殺菌なども慎重に行う必要があります。

 

 

自宅できざみ食を簡単に食べる方法

痛くて刻み食を簡単に食べる方法はないのでしょうか。
自宅できざみ食を使うことはできます。

 

それは介護食の宅配サービスを使うことです。
最近では柔らかく作っている介護食を販売しているメーカーがあります。

 

一食740円で1センチ程度に小さく切って
柔らかくしみずきを築いて飲み込みやすくした介護食を購入することができます。

 

自宅できざみ食を作るのは大変だ、という方はそのようなサービスを検討しても良いでしょう。
参考までにこちらで紹介しておきます。