高齢者 介護食 作り方 レシピ

高齢者の介護食

介護食には

  • 歯茎でつぶせる食事
  • 舌でつぶせる食事
  • 噛まなくていい食事

など柔らかさや飲み込みやすさに応じてさまざまな形があります。

 

高齢者の介護食の種類と作り方とレシピ

 

そこでこのページでは様々な介護食の種類と、作り方レシピについて紹介したいと思います。

 

歯茎でつぶせる食事

歯茎でつぶせる食事は入れ歯が合わなくて合わない噛めないという方が食べられる食事です。

 

歯茎でつぶせる食事としては、柔らかく炊いたご飯や全粥にしたもの
おかずの調理方法では大きいもの
を小さく刻んだり柔らかくにて料理するなどの方法があります。
肉などはひき肉などにしてやわらかくし歯茎でも噛めるようにします。

 

舌でつぶせるやわらかさの食事

舌でつぶせる柔らかさの食事は全粥の柔らかさと同じです。
食事は歯茎でつぶせる食事よりさらに柔らかくってあり飲み込みやすくしてあります。

 

水分を多くしてとろみをつけて卵で言うと、スクランブルエッグ上の柔らかさになっています。

 

噛まなくても食べられる食事

噛まなくても食べられる食事としてはペースト食が挙げられます。

 

高齢者の介護食の種類と作り方とレシピ

 

ペースト食は全く噛めない方のための
ミキサーで細かく砕いた食事で
ご飯のお粥でさえもミキサーにかけ柔らかくします。

 

飲み込みにくいものはとろみをつけて飲み込みやすくします。
ミキサーにかけた噛まなくていいペースト状の食事は
舌でつぶせる食事は噛まなくていい食事よりさらに
柔らかく色が混ざってしまうと食欲が低下してしまいます。

 

ですのでなるべく料理の色ごとに取り分けてミキサーにかけるようにします。

 

ミキサー食は誤嚥のリスク

ミキサー食は食べやすい食事ですが誤嚥のリスクがあります。

 

それはミキサー食がサラサラしていてすぐに喉に入ってしまうために嚥下が悪い高齢者にとっては肺に入ってしまい嚥下性肺炎などになるリスクがあります。

 

そこで最近ではミキサー食ではなくムース食がよく使われています。

 

ムース食はミキサー食を固めている食事で
形や彩がミキサー食より本当の料理に近いことから
お年寄りの食欲がわきそして、カロリーも取れるということで
病院や介護食介護施設などでよく使われています。

 

自宅でムース食を使う方法

自宅で夕食を使う方法はないのでしょうか。
自宅でムース食を使うには自分で作るか、購入するかのどちらがいいなりますが作るのはとても大変なことです。

 

まず普通の料理を作ってミキサーにかけてペースト状にした後固めるという工程が必要なります。

 

つまり作業時間が3倍になってしまうのです。

 

そこで家庭で夕食を食べたい時はムース食の通販ショップを使うことになります。

 

そのような通販のムース食をこちらのサイトでを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。